透明レンズとの大きな違い

視力が悪い方で、透明レンズを装用したことがある方、カラーコンタクトレンズとの瞳の大きさの違いにもちろん皆さん驚いたことでしょう。透明レンズとカラーレンズ、色がついている事以外に違いがあるのをご存知ですか?簡単に言うと、酸素を通す量が大幅に違うのです。コンタクトレンズには細かい穴がたくさん空いていて、その穴を通して黒目に酸素を送っているのですが、カラーレンズは色のついている部分は全く酸素を通さないのでその分目には負担になってしまいます。なので医療機関では、透明レンズに比べてカラーレンズは装用時間を短くするようにお願いしています。そして、洗浄方法にも違いがあります。基本的にカラーレンズは錠剤タイプの簡単に洗浄できるものは使えません。なぜなら、色が剥がれてしまう可能性があるからです。面倒でも、しっかりと自分の手でこすり洗いをして汚れを落とすしかありません。

herughjfjd.com